イノシシは、ミミズが大好きです!

イノシシが、芝を荒らすのは、芝の下に「ミミズ」がいるからです。
そのミミズを食べるために、鼻先を使って芝をめくり上げます。
めくり上がった芝を修理しております!

以前、イノシシがゴルフ場内に入ってきてたので、箱罠を設置していました。
すると、2匹のイノシシが罠にかかっておりました!

このように、罠に掛かったイノシシは、地元の「猟友会」のお願いして処分をしてもらいます。
私たちは、毎日、この美しい大自然の中で作業をしています。
そうすると、自然の恵みに感謝する気持ちが大きくなるのか、処分したイノシシは、ちゃんと「食しなければ」と思うようになります。
で、「牡丹鍋」として、頂きました!自然の恵みに感謝しながら!

イノシシによる芝の被害を防ぐために!

マスター室の三枝君(さいぐさ)が、電柵の修理を行ってます。
イノシシは、金網を突き破るほどの力がありますが、電柵には近寄りません。
電気ショックが嫌いなようです(^0^)。

この電柵をイノシシが切断することはないのですが、鹿が足を引っ掛けて、
電柵を切る場合があるのです。ですから、毎日の電柵チェックが必要となります。