富士山七色七変化

昨日と今日は富士山が一日中よく見えました!
朝6時頃はピンクに染まった空と富士山!

モルゲンロート(Morgenrot)登山語でドイツ語の朝焼けを意味します。夜明けの頃に、山肌が太陽の光を受けて赤く染まる現象。その色はピンク色を帯びた明るい赤色に見え、山が最も美しくなる時です。ちなみに夕焼けはアーベントロート(Abendrot abend(夕方)とrot(赤)を掛け合わせたもの)と言うそうです。

そしてその30分後には金色に輝く富士山になりました!

その後朝7時には真っ青な蒼い空に映える富士山!
№18の池に逆さ富士が移っていました!

それから夕暮れ時には逆光が和らぎ、
またしても金色に輝く富士山が見れました!

日没直後は夕闇に壮大なシルエットを描く富士山が現れました!

iPhoneで撮影したのでやはり限界があり、
私の目に写った「色」がそのまま表現されているわけではありません(腕の問題だと思います💦

少しだけでも皆様にこの「色」が伝わると良いのですが…
ぜひ皆様にも一度お越しいただき実際の「七色七変化」をお楽しみいただければ幸いです😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です